特別講習・集中講座の御案内

【2024年4月17日最終更新】
祝日等に実施する特別講習、連休や休講期間等に実施する集中講座の情報を、逐次アップしてゆくページです。
会場は、特記のない限り、ポタラ・カレッジ東京センターです。

5/5・6 GW集中講座2. 心の訓練(ロジョン)七義

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 私たちの自己中心的な心を菩薩の利他心へ変容してゆくための秘訣を、チベット仏教の伝統では「ロジョン(心の訓練)」といいます。数あるロジョンの教えの中でも、代表的なものとして広く知られているのが、ゲシェー・チェカワの『ロジョン・トゥンドゥンマ(心の訓練七義)』です。
 今回の連休集中講座では、『心の訓練七義』を紐解きながら、大乗仏教の根幹となる大慈悲、菩提心、利他心などを育む伝統的な修行法について分かりやすく説明します。こうした内容は、言葉を表面的に理解するだけでは足りません。教えを繰り返し聴聞し、よく考察を加え、瞑想を通じて慣れ親しむことにより、少しづつ自分のものとなってゆくのです。
 講師:ガワン・ウースン(本会専任講師
 日時:5月5日(日・祝)、6日(月・振休)
    二日間とも午前11時~午後5時(途中1時間昼休み
 受講費:正会員・賛助会員9,000円/準会員10,000円/一般12,000円
 受講資格:どなたでも御参加いただけます
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「ロジョン」と書いてください。教室出席希望者は、その旨明記してください1日だけ教室出席希望の場合は、その日にちも書いてください)。
◎ 参考図書:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ、藤田省吾『チベット密教 心の修行』(法蔵館)
※ 両日とも祝日・振替休日のため、定期講習は全て休講となります。

5/3・4 GW集中講座1. チャクラサンヴァラの行法Ⅲ

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 「チャクラサンヴァラ」の修行法を、ツォンカパ大師による詳しい註釈書『チャクラサンヴァラ現観広説・如意満足(ドゥージョ)』などに基づき、伝授の形式で解説します。母タントラの教理・実践を丁寧に学んでゆきます。今回だけでは完結しないので、これから連休等の機会に、集中講座を何度か続けていきます(次回はまだ決まっておりませんが、2024年秋ぐらいになる見込みです)。
 講師:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン(本会会長・主任講師
 日時:5月3日(金・祝)、4日(土・祝)
    二日間とも午後1時~6時
 受講費:正会員・賛助会員9,000円/準会員10,000円/一般12,000円
 受講資格:無上瑜伽タントラの大灌頂を受けている方のみ
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「チャクラサンヴァラ3」と書いてください。教室出席希望者は、その旨明記してください1日だけ教室出席希望の場合は、その日にちも書いてください)。
※ 両日とも祝日のため、定期講習は全て休講となります。

4/29 GW特別講習 般若心経と密教

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 チベット仏教の顕密共通の実質的な所依経典は「大般若経」であり、その膨大な内容を極めて短い経文に凝縮したのが、日本でも馴染み深い『般若心経』です。チベットの僧院教育で中心課題となる「般若学」と「中観学」も、「般若経」の教えの両面を探求していくものです。つまり、前者は「般若経」の行間に隠された五道・十地の修道論を中心に巾広く学び、後者は「般若経」の経文に明示された空性と縁起の見解などを奥深く考察します。それのみならず、密教の行法も、思想的には「般若経」を裏づけとしています(チベット仏教の『般若心経』についてはこちらも参照)。
 今回のGW特別講習では、有名な「色即是空、空即是色」の経文を題材に、中観帰謬論証派の修道論と二諦論を概観し、密教一般の本尊ヨーガ、中でも無上瑜伽タントラの生起次第と究竟次第の行法の要点を分かりやすく説明します。顕教と密教の様々な修行も、突き詰めれば『般若心経』の「色即是空、空即是色」に集約される仕組みを明らかにし、実際の行法の意味と位置づけが見えてくるようなお話をしたいと思います。教室出席、リアルタイムのオンライン受講、録音ダウンロードによる通信受講を併用できます。
 講師:齋藤保高(本会事務局長・講師
 日時:2024年4月29日(月・祝)午前11時~午後5時(途中1時間昼休み
 受講費:正会員・賛助会員4,500円/準会員5,000円/一般6,000円
 受講資格:どなたでも御参加いただけます
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「般若心経」と書いてください。教室出席を御希望の場合は、その旨を明記してください。
 ※ 当日は祝日のため、定期講習「中観荘厳論」は休講となります。

4/13・14 春季集中講座2.ダライ・ラマの科学と哲学Ⅵ

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 ダライ・ラマ法王猊下が重要なライフワークの一つとして、大変熱心に推進なさってきたプロジェクトに、『インドの仏教古典に於ける科学と哲学』(全4巻)の出版活動があります。
 今年春の集中講座からは、第3巻を紐解いてゆきます。内容的には、インド仏教の四学派(説一切有部・経量部・唯識派・中観派)の学説を考察します。チベット仏教の伝統教学では、この分野に関する多くの研究が蓄積され、その成果は幾多の「宗義書」として残されています。それらの所説をもとに、ダライ・ラマ法王と現代の学僧たちがまとめたチベット語の原文に基づき(一部英訳本も参照しつつ)、分かりやすく解説したいと思います。今回から新しいテーマとなるので、以前のシリーズ(認識論や論理学、止観などの内容)に参加していなくても十分に受講可能です
 講師:クンチョック・シタル(本会副会長・主任講師
 日時:4月13日(土)、14日(日)
    二日間とも午前11時~午後5時(途中1時間昼休み
 受講費:正会員・賛助会員9,000円/準会員10,000円/一般12,000円
 受講資格:どなたでも御参加いただけます
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「科学と哲学6」と書いてください。教室出席希望者は、その旨明記してください1日だけ教室出席希望の場合は、その日にちも書いてください)。

4/6・7 春季集中講座1. チャクラサンヴァラの行法Ⅱ

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 「チャクラサンヴァラ」の修行法を、ツォンカパ大師による詳しい註釈書『チャクラサンヴァラ現観広説・如意満足(ドゥージョ)』などに基づき、伝授の形式で解説します。母タントラの教理・実践を丁寧に学んでゆきます。今回だけでは完結しないので、これから連休等の機会に、集中講座を何度か続けていく予定です。
 講師:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン(本会会長・主任講師
 日時:4月6日(土)、7日(日)
    二日間とも午後1時~6時
 受講費:正会員・賛助会員9,000円/準会員10,000円/一般12,000円
 受講資格:無上瑜伽タントラの大灌頂を受けている方のみ
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「チャクラサンヴァラ2」と書いてください。教室出席希望者は、その旨明記してください1日だけ教室出席希望の場合は、その日にちも書いてください)。

3/20 春の特別講習 パンチェン・ラマの死者の書

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 お彼岸の特別講習では、「パンチェン・ラマの死者の書」として知られる『バルト・タンドゥル(中有の険しい道からの解放/中有隘路の救度祈願)』について解説したいと思います。
 『バルト・タンドゥル』は、死と中有の過程について説かれている、チベットでは有名なテキストです。私たちはいつか必ず臨終の日を迎えますが、そのときには医師もなすすべがなく、家族や友人も希望を失い、たった一人で他界への旅にいかなければならないのは、誰にとっても確かなことです。このテキストを学ぶことは、人生の終わりの感情的・精神的な悩み苦しみを自分自身で緩和できる、仏教的なポスピス機能といえるかもしれません。
 また、死の過程では五蘊などの粗い性質のものが溶け込んでいき、最後は精神的な微細な性質の「3つの顕現」が現われると説かれています。「3つの顕現」の実践は無上瑜伽タントラのとても深遠で高度な行法ですが、『バルト・タンドゥル』は初心者の無上瑜伽タントラ修行者にとっても瞑想しやすいテキストです。元気なときに学び修行してきた仏教の教えを、死と中有の険しい道において実践できるかどうかは、自分自身にかかっています。憶念と正知を生かし、それまで修行してきたことを実践して、険しい死と中有の道を通っていくべきです。この機会に、一緒に『バルト・タンドゥル』を学びましょう(和訳はこちら)。教室出席、リアルタイムのオンライン受講、録音ダウンロードによる通信受講を併用できます。
 講師:クンチョック・シタル(本会副会長・主任講師
 日時:2024年3月20日(水・祝)午前11時~午後5時(途中1時間昼休み
 受講費:正会員・賛助会員4,500円/準会員5,000円/一般6,000円
 受講資格:どなたでも御参加いただけます
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「パルト」と書いてください。教室出席を御希望の場合は、その旨を明記してください。
 ※ 当日は祝日のため、定期講習「秘密集会究竟次第解説」は休講となります。

2/12・23 早春の集中講座 チャクラサンヴァラの行法Ⅰ

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 「チャクラサンヴァラ」の修行法を、ツォンカパ大師による詳しい註釈書『チャクラサンヴァラ現観広説・如意満足(ドゥージョ)』などに基づき、伝授の形式で解説します。母タントラの教理・実践を丁寧に学んでゆきます。今回だけでは完結しないので、これから連休等の機会に、集中講座を何度か続けていく予定です。
 講師:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン(本会会長・主任講師
 日時:2月12日(月・休)、23日(金・祝)
    二日間とも午後1時~6時
 受講費:正会員・賛助会員9,000円/準会員10,000円/一般12,000円
 受講資格:無上瑜伽タントラの大灌頂を受けている方のみ
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「チャクラサンヴァラ1」と書いてください。教室出席希望者は、その旨明記してください1日だけ教室出席希望の場合は、その日にちも書いてください)。
※ 両日とも振替休日と祝日のため、定期講習は全て休講となります。

1/8 新春特別講習 六座グルヨーガの解説

オンライン受講・通信受講対応・・・・・
 12月に大阿闍梨チャト・リンポチェ猊下から無上瑜伽タントラの大灌頂を受けた方々を主な対象とし、灌頂受法後に最も大切な修行となる「六座グルヨーガ」について、最低限習得しておくべき内容を解説します。
 ツォンカパ大師は「真言道次第広論」をはじめ様々な密教の教えで、灌頂を受けたすぐ次の段階として、まず「三昧耶と律儀の保持」が必須である点を強調しています。それの具体的な行法と位置づけられるのが、この「六座グルヨーガ」です。より本格的な段階である生起次第・究竟次第の修行が効果的なものとなるか否かは、まさに「三昧耶と律儀の保持」にかかっています。もし仮に、今生で生起次第や究竟次第の修行をあまり実践できなくても、「三昧耶と律儀の保持」ができているならば、生を継続して速やに本尊の境地を実現し得るといいます。それゆえ、無上瑜伽タントラの灌頂受法者にとって、「六座グルヨーガ」を継続的に実修することは、一番に優先すべき課題となるのです。
 講師:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン(本会会長・主任講師
 日時:2024年1月8日(月・祝)午後1時~6時
 受講費:正会員・賛助会員4,500円/準会員5,000円/一般6,000円
 受講資格:無上瑜伽タントラの大灌頂を受けている方のみ
 受講申込:このページの下の方にある青文字のボタンで申し込みできます。科目名「六座」と書いてください。
 ※ 当日は祝日のため、定期講習「中観荘厳論」は休講となります。

◎ 2023年に実施した特別講習・集中講座の記録は、こちらを御覧ください。

インターネットで受講のお申し込みができます。上のボタン(「受講申込」という青字)を押し、フォームに必要事項を記入のうえ(受講科目名の記載を忘れないように御注意願います)、送信してください。複数の科目を一括して申し込んでも構いません。なお、出席できなくなったときは、電話やメール等で速やかに御連絡ください。



ロセルリン学堂問答
ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂に於ける問答の修行

a:45733 t:2 y:10